リンク集

2020年06月24日

「夜のお仕事」の業界を視察

今日は三ヶ月ぶりに蔵人応援団理事会を開催。そのあと「夜のお仕事」の業界の視察を目的に会場近くの居酒屋を偵察してきました。ソーシャルディスタンシングは、中途半端にしか守られていないようでした。自治体のなかにはコロナ対策のレベルに合わせた認証制度を導入するところがあるそうですが、ぜひお願いしたいところです。

200624飯田橋ほか-1.jpg

溢れても怒らへんから、どばーっと注いでね(^^) といつも言ってるオヤジは嫌われますかね(^^;


200624飯田橋ほか-2.jpg

地酒ブームのきっかけのひとつとなった銘柄ですが、今となっては、どうということもないお酒です。でも、静かに味わってみると、さすが老舗の意地が感じられるのです❗


200624飯田橋ほか-3.jpg

これ、この系列店で半年ほど前にも飲んでいたそうですが、記憶から飛んでいました。高級酒ではありませんが、整った味わいのあるお酒です。


200624飯田橋ほか-4.jpg

その服は品がないので止めてとかみさんに言われても気にせずに出掛けたところ、ソーシャルディスタンシング効果が抜群でした。この下は黒のストレッチパンツ。しかもタイトフィット。年甲斐もなくとかみさんは思ったみたいですが、電車のなかでは、明らかに怪しい「変なオジサン」だったと思うのです(^^;

ちなみに、これインドネシア製のバティックの生地でできているのです!

posted by 団長 at 23:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月14日

「新しい生活様式」って?

新型コロナウィルスで政府は「新しい生活様式」を提唱しているけど、人間の生活パターンがそう簡単に変わることはないでしょう。

身近なところではzoom飲み会が大流行していますけど、そのうち飽きられるのではないでしょうか?
その場の同じ空気を五感で感じ共有してこそ、同じお酒や食べ物をシェアしてこそ、人の絆は深まるというものではないのかな?
ヒトを含む霊長類にはリアルなふれあいが欠かせないのです。過去に何度も繰り返し感染病に襲われても人類は宴や祭りを諦めませんでした。

180917理事会_乾杯.jpg

サルの温泉.jpg

仕事にしても、オンラインで済ませられることが増えたからといって、当然のことながら、直接会うことなしに何でも全てが片付くはずはありません。
モノを扱うビジネスの場合、既に取引関係がしっかりできている人同士、会社同士ならば、会わずとも仕事はできるでしょうけど、直接会いに行かずに新規取引先と商売なんかできっこないでしょう。
そんなことしようとしたら、間違いなく鴨が葱を背負って騙されに行く羽目に陥ると思います。
相手は信頼するに足る人物なのか、財務的な裏付けはあるのか、商品はちゃんと用意できるのか、どんなところで作っているのか(保管しているのか)等々、実際に出向いて行って確かめないと。

満員電車に揺られて長時間かけて「痛勤」するようなバカなことをしなくて済むようになったことは大きな進歩だと思います。
その一方で、毎日、知らず知らずにしていた運動の量が劇的に減って、体型への重大なインパクトになりつつあるのは怖いです(^^;
危なげない仕事のためにも、自分の体形と体調の維持のためにも、外出を避けることが「ニューノーマル」だとして、あたかも模範のように決めつける論調には流されたくない!

通勤withバツ印.jpg

posted by 団長 at 22:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月13日

神戸酒心館さんがオンライン無料セミナー

福寿の蔵元、神戸酒心館さんがオンラインで無料セミナー中です (^^)
https://www.facebook.com/shushinkan.fukuju/videos/568573503858397/


posted by 団長 at 17:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月08日

「紀土」の蔵元さんの素晴らしい著書に感銘!

前から読みたいと思っていた、平和酒造の山本専務による「個が立つ組織」をこの週末にやっと読むことができました!
とても立派な組織論の本です。内容も面白くて読みやすいです。山本さんが社員のことを大切に思っていらっしゃることや、日本酒の将来に向けた熱い情熱が伝わってきます。
日本酒ファンはもちろん、一般企業の経営者や人事担当の人にもぜひ読んでほしいと思う本です。

41JsxlDUamL.jpg


個が立つ組織 平和酒造4代目が考える幸福度倍増の低成長モデル | 山本典正 | ビジネス・経済 | Kindleストア |
posted by 団長 at 08:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6月定例会に代えひっそりと臨時イベントやりました


毎偶数月の第一木曜日の夜は蔵人応援団の定例会をやるのですが、前回4月はコロナ感染の急激な拡大を受け、直前になって中止に追い込まれました。
今回も直前までコロナ終息の見通しが立たず、予定が組めないままもやもやとした気持ちを抱えながら時間だけが過ぎてしまっていました。
5月末になってようやく、今月からの緊急事態宣言解除が発表されたことを受け、急遽、三密防止対応の特別イベントとして、「剣道場」でのワンコインで参加できる持ち寄りの会を企画しました。
幻となった→)清明館で乾杯for200604.jpg

少しずつ参加者も集まりかけていたところ、道場の管理人さんから、何と!通常営業に切り替わるから使用不可との連絡が・・・・(汗)

それはないでしょ、オトーサン!酷いじゃないですか〜と責めてみたところでしかたないので、あたふたと俄か仕立ての寿司屋の2階を借りての持ち寄りの会(@すしやの馬太郎、五反田)にスイッチ。
旨い魚と選りすぐりの日本酒をふんだんに楽しみました。そして〆はもちろん鮨で!(ちなみに馬太郎さんは馬刺しのお店ではありません。念のため(^^)
これを500円の会費で実施するなどという離れ業は流石の蔵人応援団長にも無理なので、当然、大幅にスキームが変わり、結局、普段どおりの飲み会状態なので、参加者の脱落も無理からぬ話で・・・
おかげさまで、剣道場にも負けないゆったりしたスペースで「非三密」状態をばっちり確保して、少人数ながら中身の濃い宴を開くことができたのでした(^^)

DSC_0919resized.JPG

DSC_0921resized.JPG

DSC_0929resized.JPG

DSC_0920resized.JPG

DSC_0926trimmed.JPG

やはり、仲間たちと同じ場所で、同じ酒と肴の味と香りを共有するのは、かけがえのない喜びです!
オンライン飲み会がどれだけ流行ったとしても、これからもリアルな飲み会はなくならないと思います。いや、絶対になくなってほしくないです。
「だってにんげんだもの」(ヒトを含む霊長類にはリアルなふれあいを通じた絆づくりが欠かせないのです)
過去に何度も繰り返し感染病に襲われても人類は宴や祭りを諦めませんでした。

posted by 団長 at 00:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集